家族の健康対策がとても不安

こんにちは。
私は今アラサーでプチワーママしてます!

 

駅前でパートしながら、育児も家事もいつまでも慣れないでいます。
それで、朝はいつもバタバタで、夜はもっとバタバタです(゚ω゚ノ)
出かける日は、娘を起こしてお弁当づくりや朝食作り!そして、娘を自転車に乗せて保育園へ送っていってそのまま電車に乗って駅まで出ています。
夜は仕事が終わってから娘を迎えに行って、帰ったら夕飯作りと娘と遊んだりしていて一緒にお風呂に入ったらバタンキューです。

 

そんな毎日ですが、最近は気がかりなことがあって不安が増していました。

ダンナは都心まで1時間も電車通勤。
わたしも3駅ほど私鉄利用。郊外とはいえかなりの混みよう。
やはり気になるのは衛生面。

 

やはり「ウイルス対策」には悩んでしまいます。
マスクはなんとか手に入っても、アルコール除菌スプレーや除菌水はスグに売り切れ。
クタクタになるまで探して運よくあっても、1個まで。
家族で使うとどんどんなくなってしまいます。

 

反対に、環境はまだまだ気を使う状態。

×外出から帰ったら家に何か持ち込むみたいで怖い
×どこをどうすればいいの?あまりハッキリとわからない

そんなこんなで、除菌したくてもぜんぜん上手くいっていないかったんです。

 

もしも、ダンナやわたしになにかあったらどうしよう!とか思うと不安が一杯で気持ちもいっぱいいっぱい。
娘の顔を見ると、ますます不安が増してくる。

 

不安の画像

 

そんなときに、ママ友のゆう子さんに話をしていたら、
「そうしたら、いいものがあるから見に来たら!」って誘われたのでお邪魔してみた。

 

そこで「ワーママが家族を守る秘密兵器はこれだ〜」っていうのが「次亜塩素酸水」でした。

 

よく間違えられるのは「次亜塩素酸ナトリウム液」。
洗剤、漂白剤から作るのもこの「次亜塩素酸ナトリウム液」です。
名前は似ているものの「全く違うもの」デス。
一昨年の「新型インフルエンザのときに自治体から造り方の案内」もあった。
それに、今のコロナのマニュアルにも「有効」って出ている。
でも、問題があり過ぎなんですよね。
だから使えなかった。

 

  • ちゃんとした安全なものを作るのが難しい(手についても大丈夫な濃度とか)
  • 時間を置くと効果がなくなる(以外に早くなくなる)
  • 安全なものがなかなか売っていない(通販のものが判断できない)

そんなこんなで調べたままになっていた。

 

でも、ゆう子さんのものはわたしの心配を全部クリアして、さらにワーママ最適な使い方もできる優れものだった(^^)

 

消毒の画像

 

それで真似してみたら、もう快適以上の安心、安全が手に入ってしまって感激しています。
これ、もしかしたら同じような悩みを持っている女性の役に立つかもと思ったので、で紹介してみますね!('ω'ノ)

 

ゆう子さんがつかっていたのが「次亜塩素酸水ルピクリン」というものでした。

コスパも良くて広く使えるルピクリン

 

ルピクリン

次亜塩素酸水ルピクリンの特徴
<ルピクリンは次亜塩素酸水で、次亜塩素酸ナトリウム液ではありません> ルピクリンは、ウイルス対策・除菌消臭が必要なすべての方に人気があります。
美容室やネイルサロン、ペットショップ、バーや高級割烹料理店、ラウンジなどの店舗さんや、法律事務所や学習塾、こども園や市役所・学校等の公共施設、クリニックや病院、老人ホームなどの医療施設などで使われています。
☆超音波加湿器で除菌・消臭もできます! お家のあらゆる除菌・消臭もバッチリです(^^)/ ☆10リットルなら、1日あたりわずか40円!毎日たっぷり使ってもお得です。
価格
3,700
評価
評価4.5
備考
◆容量:10L(3か月使用期限)◆コック付き
 

わたしの次亜塩素酸体験談をご紹介します

まず、駅前の大きな雑貨屋さんで格安の高周波噴霧器を2つ買いました。
注意するのは、「次亜塩素酸水が使える」と書かれているものを買うことです。
(わたしは2千円程度のものでした。有名メーカーの凄いものもありますが、大型で移動できないですし、専用の次亜塩素酸が高価だったり、、、もちろん本体も10万円とか。)

 

<リビングダイニングを除菌>
それに、ルピクリンを入れます。
そうすると次亜塩素酸が霧になって煙のようにお部屋に立ち込めてきます。
刺激臭などは一切ありません(^^)
これで20分間(※6畳で10分間で換算)するとほとんどのウイルスが除菌できます。
(※メーカーさんの値を参考)

 

 

リビングダイニングは広めなので、娘と帰るとずっとつけています(^^)/


 

<ほかのお部屋も除菌>
そして、もう一つを使い回します。
玄関を10分間、お風呂を15分間、寝室を15分間つけておきます。
そのぐらいで普通のマンションの部屋を除菌できます。
やってみるとわかりますが、除菌すると空気がスッキリして透明になります(感覚としてです)。
気持ちもスッキリして安心感バッチリ。

 

 

これを始めてからはもう止めることはできません。
おかげで、家族みな元気ですし、風邪もひいていません。


 

<キッチン用品を除菌>
それに、次亜塩素酸は食器類にも使えるので、台所周りも衛生的にできますよ。

 

自分で作って失敗しないし、これだけ使えて毎月のお値段も納得。
ほかには何も必要ないですし。

 

<マスクを除菌>
そして、マスクの再利用もできます。
マスクを次亜塩素酸水でしっかりと洗浄すれば、普通のマスクでも3回ほど使えます。
布製ならさらに使えると思います。
娘には「可愛いお花や、マンガの絵柄の布製マスク」を使っています。
これもルピクリンで洗って問題無く清潔に使えていますよ!

 

このほか、外国でウイルスが凄く蔓延したのは、「靴でお家に入るから」だそうです!
なので、わたしは、

  • ルピクリンをかけておいた玄関マットを置いています。

 

これは、信頼できる外国の有名な通信社のネット記事を読んで真似たんです(^^)/

 

 

本当に安全と安心が手に入りました(^^)/


 

健康の画像

 

 

\空気もお家もぜんぶ除菌!ルピクリン/

 

次亜塩素酸水の疑問

洗剤を使って作れる消毒液とどう違うの?
わざわざ買うほど違いはあるの?

ウイルス除菌については、自治体などからも洗剤を使った作り方が公開されています。

 

でも、これは要注意です!
★ノロウイルスなどは、この方法(次亜塩素酸ナトリウム)では除菌できません
★また、消毒する場所や状況、対象で必要な濃度が異なります
★1種類作って使い回すことはできません

 

次亜塩素酸水なら、あらゆるタイプのウイルスを除菌できます。
除菌力は、99.9%とほぼかんぺきに除菌できます。

 

 

また、
「次亜塩素酸ナトリウムを希釈して作る溶液は危険」なんです。
★塩素臭(プールの水の臭い)がある
★色落ちする
★錆びる
★人体に危険

 

さらに、
★手を洗うことはできません(荒れます)
★置き型のウイルス対策品のようにお部屋や空間を除菌することはできません
★衣類や靴などに吹きかけることもできません(アルコールもですが)
取り扱い方にも注意が必要です。

 

その点、「次亜塩素酸水はそんな欠点、心配が全くない除菌水」です。

 

【除菌消臭】
・ほとんどのウイルス・細菌、病原菌に除菌、不活性効果があります。
・有機物と反応して分解するため、臭いを分解して消臭効果もあります。
【安全性】
・誤って飲んでしまっても人体に害はありません。
・肌に触れたり、目に入ったりしても影響はありません。
・有機物と触れると分解して「ただの水」になるので、残留性もありません。
・空間噴霧するだけで、細菌・ウイルスを除菌、不活性化します。
・他の薬剤に比べて劣化の速度が遅いため、保存も効きます。

 

家庭内のあらゆるものが安全に除菌ができます。
☆トレイにシュッ
☆お風呂にシュッ
☆食器や調理器具にシュッ
☆その他気になるものにシュッ

 

イヤな話しなのですが、お買い物のマイバッグさえウイルスの付着が心配なのだとか、、、ならシュッ!

 

そして、
☆次亜塩素酸水が使える加湿器に入れて、お部屋の空気も除菌できます

 

急場しのぎの手作り洗剤消毒液や次亜塩素酸ナトリウム消毒液では、除菌力と安全性、目的に応じて希釈度が変るので作るのが難しいなどの難点があります。
でも、次亜塩素酸水「ルピクリン」ならそんな心配が全くなし!

ルピクリンの安全性比較

ルピクリン(次亜塩素酸水) 次亜塩素酸ナトリウム(洗剤など)
成分 次亜塩素酸。 次亜塩素酸イオン。
pH pH5.0〜6.5(弱酸性)。 pH12以上(強アルカリ性)。
使用方法 直接噴霧するか加湿器に入れて噴霧。 100〜10,000倍に希釈して噴霧。
臭い 無臭(ただし、有機物と反応すると塩素臭) 強い塩素臭。
使用用途 手指の殺菌消毒、部屋の空気、衣類、ペットの殺菌・消臭。 容器・用具類の漂白、殺菌剤。
安全性 赤ちゃん子供、ペットのいる空間でも安全。 有害かつ金属を腐食させるた注意を要する。
刺激性 無し。 刺激性あり。酸性のものと結合すると有毒ガス発生。
殺菌力 99.9%以上の殺菌力。 100ppm以上のものは殺菌力有り。
消臭力 効果あり。臭いの原因物質を分解する。 塩素臭が残り期待できない。
人体への影響 無し。 有害、危険。

 

 

 

【追加情報】次亜塩素酸水の有効性と安全性が認められた

経済産業省が公に新型コロナへの有効性を認めました!

<公示内容>
2020/4/17 付
経済産業省は、「新型コロナウイルスの消毒方法」において、塩酸や食塩水を電気分解した「次亜塩素酸水」において、「食品とドアノブ等身の回りの消毒のみならず、手指消毒についても適用される」ことを公表しました。

 

 

国が正式に、「次亜塩素酸水が手指の消毒に効果がある」と認めました!
ますます、安心して使えます(^^)/


 

白血球は、次亜塩素酸で細菌を退治している

次亜塩素酸水はとても幅広い分野で除菌用アイテムとして利用されています。

 

そして、有機物に触れると水に戻るのも特徴の1つ。
50ppm以下の次亜塩素酸水なら、皮膚に触れても問題はありません。

 

次亜塩素酸は、有機物に触れるとただの水とごくごくわずかの塩とクロラミン(窒素化合物:塩素系の臭い:プールの臭い)に分解されます。
この分解・酸化の過程で有機物(ウイルスや菌)を不活性化させます。

 

さらに、こちらは大注目なのですが、実は、「次亜塩素酸」は細菌などの侵入者を除菌するために、人間の体内でも作られています。
体の中に侵入してくる有害な細菌を白血球が攻撃している事はご存知だと思います。

 

実は、「白血球は、次亜塩素酸で細菌を退治している」んです!

 

【白血球は次亜塩素酸を使って細菌を退治する】
「酸素」を使い「スーパーオキシド」と言われる「活性酸素」を造る → 「活性酸素」を使って「次亜塩素酸」を生成する
→ 次亜塩素酸を武器として細菌やウイルスを攻撃して退治する。

 

次亜塩素酸は、人に無害で、細菌やウイルスに対する強い殺菌用武器だということですね。

 

次亜塩素酸水はその規格や生成方法が厚生労働省により決められています。
「ルピクリン」は、効果や安全性に不安のない除菌アイテムです。

 

こんな殺菌力のある次亜塩素酸水であっても、法的には、厚生労働省が定める「次亜塩素酸水」から改良されているものは、正式には「次亜塩素酸、次亜塩素酸水溶液、電解次亜水」等に分類され、「雑貨」として扱われます。
医療用などではありませんから、薬機法などで、「ウイルス抑制、除菌、消臭(拭取り)」という範囲までしか標ぼうする事が出来ないルールになっています。

 

しかし、その効果はインフルエンザやノロウイルスはもちろん、SARS、MARS、新型コロナウイルスをも不活性化、死滅させる事が予測されます。

 

今、次亜塩素酸水は、どんどん入手が難しくなっているのも理解できます。

 

親子の画像

 

 

\空気もお家もぜんぶ除菌!ルピクリン/

 

 

更新履歴
TOPへ